店頭でTシャツを購入しようとしても、気に入ったものがいまひとつ見つからないといった場合などは、自身のデザインしたオリジナルTシャツをプリントして楽しむことができます。

化粧品がTシャツに付着した時

女性であれば、経験があるという人も多いかもしれませんが、お化粧をしてから着替えをすると、化粧品がTシャツなど服に付着してしまう事もあります。ファンデーションや口紅などは特に付着しやすいでしょう。

Tシャツでは特に狭くなっている首周りに付着しやすいのが特徴です。

やっかいなのは、化粧品の中に油分が含まれている事もあり、その油分が余計に汚れを落ちにくくする事もあります。

普通に洗濯しただけでは落ちない事もあります。化粧品の汚れを落としたいのであれば、洗剤などを使用して落とすという人もいる様ですが、注意深く作業をしないと、その部分だけ本来のTシャツの色が薄くなってしまう事もあります。

刺繍を加えてオリジナルTシャツにする

量販店などで購入できるTシャツは、カラーバリエーションもサイズも豊富なので、何枚あっても重宝します。しかし、それをオリジナルTシャツにする事ができれば、もっとお洒落の幅を広げる事ができます。

そのような時に便利なのが、刺繍です。Tシャツに直接、刺繍する事もできますが、手芸が苦手な方でも気軽に取り入れる事ができるのが、ワッペンです。このようなアイテムを使えば、誰でも気軽にオリジナルTシャツを作る事ができるのです。好きな場所にポイントを作る事ができるので、既製品を使用しても、オリジナリティーを出す事ができるのです。

オリジナルのTシャツ作成を作ろう

オリジナルTシャツ作成のサービスを提供している専門の会社は数多く存在し、Tシャツの種類も各種イベント時に利用できる半袖や長袖のTシャツに部活やサークルなどに利用できるスポーツウェアなど、色やデザインも豊富で、さらにオリジナルのマークや文字を入れることもできるのも既製品にはない魅力があります。

また、オリジナルのTシャツを作成するには注文した会社との打ち合わせなど手間と時間がかかる印象がありますが、ホームページ上の専用フォームから自分で作成した手描きのイラストや好みの画像を送り注文できるサービスを提供している会社もあり、発注から完成までの時間短縮につながる便利なサービスです。

オリジナルTシャツ作成の時、意識したい事柄

オリジナルTシャツ作成をするためには、パソコンとグラフィックソフトが必要です。ベクターデータでTシャツ作成のファイルを制作すれば、後々便利です。ベクターデータであれば、加工もサイズ変更も自由自在になります。

Tシャツ用に作ったデータを、後で別のノベルティグッズに応用する事も出来ます。Tシャツ用のデータ制作にとって、大事なのはシンプルなデザインを意識する事です。ひと目で見る人々に、インパクトを与えられるような簡素な見た目を大事にしたいところ、複雑なデザインはノベルティグッズとしては不向きであり、現場では不評になってしまいます。

簡単にオリジナルのTシャツ作成ができる

オリジナルのデザインのTシャツ作成というのは、デザイン関係の知識や経験がない人であっても、簡単にできるのが良いところです。なぜ簡単に作成できるのかというと、専門業者の方で、デザインの素材を用意しているからです。

それを選択して、Tシャツの好きな位置に配置するだけですから、誰でも簡単に作成できるのです。単純作業ではオリジナリティを出せないのではないかと心配になるかもしれませんが、大きさを変えることもできるなど作業の自由度はなかなかありますので、しっかりとオリジナリティのあるTシャツを作成できるものです。

Tシャツについて

大阪、東京、名古屋でオリジナルTシャツ作成をしたい方、オリジナルTシャツ作成の詳細を知りたい方はこちらからお問い合わせ下さい。